<   2011年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
遠い灯り
 最近では、遠い距離を汽車や車で移動することがなくなって、そんな風景は見ることもありませんが、例えば移動の途中で日が暮れて、車窓から見る遠くの景色のなかにポツンと一軒だけある家屋から微かな灯りがもれているのを見ることがあります。
 夏ならば青白い光から「あゝ、テレビを見ているのだな!」と思ったりしますが、冬なら雪原の真っ只中にたった一軒、ポツンと灯る灯りは文句なしに郷愁を誘います。
 私の生家は「貧乏人の子沢山」そのもので、私たち小さな子ども達は、祖母を真ん中に左右に二人づつ計五人が昆布巻きを並べたような形で一部屋で眠りました。
 みんなで布団にもぐり込み、電気を消すとババちゃんの昔語りが始まります。
 「なに用事があったもんだやら、会津あたりから戻って来る途中だったこっさ(ことだ)、
途中まできたども、日が暮れでしまって、『どうしょば…』と思いながら歩いていたら、遠くに小さな灯りが見えだど」
 みんなは何回も何回も聴いた話なので、ババちゃんが語る昔々の起承転結は総てを知っているのですが、やっぱりその話を最後まで聴かないと眠れなかったものでした。
 窓からもれる灯りを頼りに訪ねた家にたどり着き、一夜の宿を頼みます。出てきた女が言うことには「一人暮らしで何もないが、一夜の宿ならどうぞ寝てゆきなされ」と赤々と火が燃えた囲炉裏の側に招きよせました。
 囲炉裏に吊るされた自在鉤には大きな鍋がかかっていて、蓋のすき間から湯気が立ち上っています。
 女は、囲炉裏に落ち着く旅人の様子を見てから、「鍋の蓋を取ってはなりません!」と言い残して、次の間に消えました。
 旅人は手持ち無沙汰にして、しばらく囲炉裏の火を見て過ごしますが、女は戻りません。鍋からは依然として暖かな湯気が立ち上っています。
 「何を煮ているのだろう?」旅人は、とうとう我慢し切れずに鍋の蓋を取りました。
 中には、首にまとわりつく黒い髪、大きく見開かれた二つの目がむき出しの生首でした。
 これを見た旅人は完全に腰が抜けてしまい、その場から動けないでおりましたが、そこに夜叉の顔をした女が現れて、一言「見たな!」と叫びます。
 その後、旅人は逃げ帰ったものか?、その場で女に食べられてしまったものか?今になっては記憶が定かでありません。
 たぶん、結論は、ババちゃんのその日、その日の気分によって違っていて、無事逃げ帰ってくることもあれば、食べられてしまった日もあって、何時も結果が一緒ではなかような気がします。
 流石に今では、遠い灯りと怪談がイコールではありませんが、しかし、灯りには何かしら様々な物語が込められています。
 良い「灯」の物語を写真に撮りたいと思いますが、灯りを灯して旅人を待っている妖怪女もいませんし、出歩くことが無くなったこの頃では、遠い一軒家の灯りを見ることもありません


<写真をクリックすると大きくして見ることが出来ます>
a0147975_1133644.jpg

 真昼の陽射しのなかでも、夕暮れの雪原が金色に染まる時刻でも雪原の真ん中に立って、物音一つしない「静寂」を聴きます。
 昨日の夜更けに激しく窓をたたいた吹雪の音が聞こえるときもあり、淡い白樺の緑が溶け出した風のなかでトラクターのエンジン音を聴くこともあります。
a0147975_11185876.jpg

 自分が何年間も暮らし、その土地柄については良く知っていると思っているところでも、季節や天候によって、全く別な風景に見えることがあります。
 さる夕暮れ、ほんの気まぐれで一本手前の道を曲がったところにこの風景がありました。
 突然外国の風景に出会ったようで、この道を行ったら何処に出るのか?帰るべき道の方向なのか?あるいは、全く反対の方角に向うのか?ふっと心配になったりします。
a0147975_11325032.jpg

 夜更けに自室のカーテンを細めに引いて、目の前に立ちはだかるマンションの窓明かりを見ることがあります。
 深夜の午前1時の時もあれば、午前3時に近い時間の時もあります。
 何時も決まった窓に灯りがあるわけではありませんが、必ず何処かに一つや二つは灯りのついた窓があります。
 この灯りは、この部屋の何を照らし、どんな生活を作り出しているものか?ふっと、そんなことを思うことがあります。
 
 

 
 
 

[PR]
by ebataonnzi | 2011-01-31 11:44
アームチアーカメラマン
 5日も6日も連続して真冬日が続く厳しい寒波と、これまた毎日降り積もる雪に塗り込められて、物理的にも精神的にもカメラを持って出かける勇気が湧かなくて、もっぱら「アームチアー・カメラマン」を決め込んでいました。
 確か、開高健の著作に出てきた言葉ですが、釣り師が書斎に籠もり、ゆったりとした肘掛け椅子に座り、これまた高価な釣竿の手入れなどをしながら「この季節ならこの川のこの魚」「この魚であれば、このメーカーのこの型番の竿」などと釣り師の戦場における森羅万象について思いをめぐらせて日を送る釣り師を「アームチアー・フイッシュマン」というのだそうです。
 「アームチアー・カメラマン」はそんなことから思いついた私の造語です。
 ともあれ、今日は久方ぶりに朝から青空がいっぱいに広がり、気温も比較的高くて、好きな雪原を撮りに出かけるには絶好の日和でしたが、間合いが悪いもので、こんな時に車がドック入りで郊外に出かける足がありませんでした。
 今年は口で撮る写真はやめて、カメラで写真を撮ろうと密かな誓いを立てたりした手前
散歩も兼ねて家からほぼ30分程度の距離にある市立の「スポーツ交流施設」を訪ねてみました。
 このスポーツ交流施設、軟式野球なら充分に出来る規模の全天候型のいわゆる「ドーム」があり、さらにその敷地はパークゴルフのコースあり、テニスコートが数面あり、サッカー場があるという広大な敷地です。
 今、ちょうど札幌雪祭りの分会場としての準備が進められているところでした。
 大型の除雪機、雪を積み上げるブルトーザーなどの重車両が忙しく動き回り、なかなか迫力のある作業風景でした。
 「ラッキー」とばかりに写真を撮らせていただきましたが、家に帰って画像をパソコンに取り込み、改めて見てみますと、あれほどの迫力がさっぱり伝わってきません。
 自分の腕前を棚上げにして、「あんまり天気が良すぎたか?」「少し吹雪いて、車両の安全灯やテールランプの赤い色が出ていたら…」ついそんなことを思ってしまいます。
 「虎穴に入らんずば虎子を得ず」ではありませんが、吹雪の絵が欲しければ吹雪の中に出かけてゆかなければなりませんし、雪の深さや寒さの厳しさを案じているようでは良い写真は撮れないことを改めて痛感した次第でした。

<写真をクリックすると大きくしてみることが出来ます。>
a0147975_2326591.jpg

 このブルトーザーが積み上げている山は、大きな滑り台になるはずです。去年もこの場所に大きな滑り台があり、大人も含めて一、二の人気スポットでした。
 これらのこととは関係ありませんが、このブルのオペレーター、終日山の上り下りで何を考えるものなのでしょうか?
a0147975_2334825.jpg

 主に道路の除排雪などで見かけるおなじみの機械ですが、エンジン全開で作業を開始すると、なかなかの迫力です。
 私が撮影を始めたときは、少しペースを落とした作業で雪煙につつまれて進む迫力を写し撮ることが出来ませんでした。
 雪煙の中で滲んだような赤いテールランプなどがあれば最高だったのに…。
a0147975_2343039.jpg

 写真では積み上げられた雪の造形の大きさがわかり難いのですが、一人大きなモノサシを持って寸法を測っている人がいました。
 大雪像の設計者なのでしょうか?それとも土木技術者?いずれにしても1年1回のイベントのための欠くことのできない技術者なのでしょう。 
 
[PR]
by ebataonnzi | 2011-01-18 23:52
新年おめでとうございます。
  新年明けましておめでとうございます。
  本年もよろしくお付き合いいただければ幸甚に存じます。
 
 この数年毎年強く感じていることですが、「年月の経過は何と早いことか!」という思いです。
 写真を撮るようになって、特にその想いが強くなりました。
 春が来れば、北海道特有の淡くて空気にさえ溶け出してしまいそうな白樺や唐松林の緑を「撮りたいものだ!」と思いますし、夏が来れば爽やかに拡がる広大な北海道の大地が「ものに出来ないか?」そんなことに思いをめぐらせ、秋の紅葉、冬の吹雪、季節それぞれの情景を追いかけていると一年はあっと言う間に通り過ぎてゆきます。
 「良い写真が撮りたい!」と言う思いは、撮影に出かけて現場でカメラを構えているときだけではなしに、むしろ自分の部屋でカメラのメンテナンスなどをしているときの方が強いように思います。
 古い友人で心おきない者たちに良く言われます、「お前さんさんはカメラで写真を撮るよりも口で写真を撮っている」などと憎まれ口を利きますが、その時は猛烈に反論をするものの自分自身心の中で半分は納得しているようなところもあります。
 一年中心の中では、その季節、その季節の情景を追いかけている割には実際に撮影現場に足を運んでいません。
 今年は口で撮る写真も然ることながら身近なところに被写体を求めてカメラで撮る写真を多くしたいと思っています。
 さっぱり更新しないブログで訪問していただく方々には恐縮千万ですがご容赦いただきたいと存じます。
 本年もよろしくお願いを致します。

 <写真をクリックすると大きくなります>
a0147975_15314271.jpg

 札幌市北区あいの里の札幌大橋を渡って一番目の信号を左折すると左手に長い防風林があります。
 北海道、いたるところに防風林はありますが、これほど長い防風林はめったにありません。ここは石狩川の河口に近い場所、石狩川から吹き上げる烈風を遮る役目を負った林なのでしょう。
 今は黒々とした一本の線ですが、春の芽吹きの頃は鮮やかな緑の線に変り、北海道独特の春の風情を演出します。
a0147975_15441360.jpg

 真っ白な雪原に線を引いたように伸びる防風林が撮りたくてこの場所を訪れました。この日は雲の流れが急で今吹雪いたかと思うと雲の切れ間から太陽が顔を出すと言う誠にめまぐるしい天気でした。
 一時吹雪が止んで太陽が顔を出すと風景は一変してたおやかな大地の顔になります。
a0147975_1554243.jpg

 これも、ほんの一瞬現れた白い大地と真っ青な空です。
 もちろんこんな空は街中では見ることは出来ませんが、街中ではなくても車でほんの15分か20分も行けばこんな風景に出会うことが出来る札幌市と言う街は、やっぱり特別な都市のような気がします。
 
[PR]
by ebataonnzi | 2011-01-07 16:06