<   2010年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧
骨董レンズと遊ぶ
 先日、愛用しているカメラのレンズが不具合になって、ネットで修理屋さんを探し、修理を依頼しました。
 この修理屋さんは、カメラの修理が専門らしいのですが、古いフィルム用カメラの高級機から旅行の際にバックのポケットに何気なく押し込んで持って行くメモ代わりのカメラまで、ショウケースとは言えないような壁一面の棚に積み上げて、このカメラを販売もしているようでした。
 用件が済んで、この棚を懐かしさと物珍しさで、しばし眺めさせていただいたのですが、その中に私が使用しているペンタックス製カメラ用の古い交換レンズを見つけました。
 かねてから、明るい単焦点レンズが欲しいと思いながら、その値段の高さに手を出しかねていたのですが、この古いレンズは、F値が1.8で、明るさに申し分はなく、値段も3,700円と言うオモチャ並みの値段です。
 ただ一つ、このレンズを私が使用しているカメラに取り付けるには、スクリューウマウント用のアダプターが必要ですが、一般的には店頭販売は少なく、入手するには取り寄せが必要と言う話を聞いたことがありました。
 ところが、この店にはこれも中古で在庫があると言うのです。大いに心が動きました。
 でも、この日は逸る心を抑えて帰りました。
 あくる日、依頼したレンズの修理が出来上がる日ではありませんでしたが、外出の帰り道に再び件の修理屋さんに立ち寄り、目星をつけたレンズとマウントアダプターを購入しました。
 手に入れたレンズは、旧旭光学社(現 ホーヤ・ペンタックス)が1960年に製造したsuper-takumar 55㎜ F1.8 と言うレンズです。
 1960年と言えば、私たちの年齢なら誰一人知らない者がいないほど激しい闘いだった日米安保反対闘争があり、片や経済面では、日本の高度経済成長が、いよいよその頂点に達しようとしていた時代です。
 高級カメラと言えばレンジファインダーの時代に一眼レフ方式のカメラを作ったのは、日本では旭光学が「最初」で、アサヒフレックスの名称で売り出されたのは昭和27年(1952年)だそうで、その後、ニコン、キャノン、トップコンなどが一眼レフを売り出すのは昭和34年(1959年)のことです。
 当時の私は、夜間高校卒業後間もない、製造工場現場事務所の職員で、月給は7千円か8千円くらいだったと思います。
 その当時のニコンFやキャノンフレックスの値段はいくらしたものでしょうか?
 ニコンもキャノンも、そのターゲットはライカだったと言われていますから、おそらく当時の値段は現在の高卒初任給の4倍や5倍はしたものかもしれません。
 そんなカメラの今昔を考え合わせますと、1960年製のsuper-takumar F1.8も高級レンズであり、高卒ホヤホヤに手の出る代物ではなかったことがうかがわれます。
 改めて、1960年と言う歳月を考えます。今からちょうど50年前に製造されたレンズが、操作の総てをマニュアルに頼るとしても、立派に役目を果たしていることに、やっぱり一種の感動を覚えます。
 天気の良い日にこのレンズを愛用のPENTAX K10Dに取り付けて、一時少年の心にかえって写真を楽しみます。

<画像をクリックすると大きくして見ることができます。>
a0147975_222719.jpg

札幌市東区にあるモエレ公園の築山です。
この公園は彫刻家イサム野口のデザインによる公園で、この公園に来るたびに築山の石段に目を惹かれます。
SUPER-TAKUMARの解像度は如何なるものか?の実験画像です。
a0147975_225598.jpg

これもSUPER-TAKUMARの実験画像です。札幌丘珠空港を北東の位置から撮影しました。
飛行場周辺は高い建物もなければ、邪魔な電線などもありません。
その意味では、格好の撮影ポイントです。ここを最近発見しました。
a0147975_22758100.jpg

9月初め、所属クラブの仲間と1泊で渡島管内大沼公園を撮影に行ってきました。
初日のスタートは、SUPER-TAKUMARで行こうと決めて、撮影ポイントに向いました。
何せ、このレンズ、総ての操作がマニュアルですから、明るいうちは良かったのですが、薄暗くなるとピント合わせに苦労を致しました。
このレンズの特徴は、遠い部分の描写に良い面がありそうでした。
[PR]
by ebataonnzi | 2010-09-22 22:08