すすきの 慕情
 ちょうど二週間ほど前、古い友人のSと、札幌雪祭りで賑わうススキノで落ち合って食事をしました。
 Sが現役時代に利用したというシャブシャブ屋で食事をし、せっかくだからもう一軒寄ってから帰ろうと言うことになりました。
 シャブシャブ屋を出て、さて、何処へ寄ったものか?しばし、思案が必要でした。
 「お前さんも確か行ったことがあるはずだが、ほら、あのビルの四階にRというスナックあったはずだ」とSがいうのですが、しかし、Sも職場をリタイアしてからはめったに顔を出していないというのです。同じ思いが僕の頭の中にもあって、以前にも今と同じような状況で現役時代によく利用した店を訪ねたことがありました。
 なるほど、店も看板も昔と同じでしたが、中味はすっかり変わっていて、怪訝な顔つきで迎えられたことがありました。
 Sも私も特別な酒好きでもなければ、現役の時代に交際費を潤沢に使える立場にいたわけでもありません。
 それでも、四十代中過ぎから退職する頃までは、ススキノに来れば、いわゆる「ツケ」で酒を飲める店の二軒や三軒はあったものでした。
 それが、リタイア以降は全くのご無沙汰で、たまにススキノに出てきても、正しく「今浦島」なのでした。
 結局、Sが一年ほど前に顔を出したという店を思い出して、そこを訪ね、二時間近くカウンターの客になって帰りました。
 Sとは、今年はもちろんはじめて、一年に近いご無沙汰の再会であり、積もる話もありましたが、何せカラオケの喧騒、ママさんの時折のお愛想、そんなものが我々の話に割って入り、お互いの近況すら交換できない雰囲気でした。
 どちらからともなく、「おい、帰ろうぜ」と言うことになって、まだ早い時間でしたが、地下鉄でそれぞれの家路についたのでした。
 かつては、電車のあるうちの帰宅はまれで、午前様も珍しくもなかったものですが、そんな昔が不思議に思えるほど私たちは歳をとっていたのでした。
 都会の盛り場の常ですが、建物が変わり、そこに看板を出した店の栄枯盛衰はめまぐるしく、特にスナックなどは毎日新しい店ができる代わり、ひっそりと行燈の灯りを消す店も新規開店と同じほどあると言われます。
 そんなことから考えれば、現役を終えてからでさえすでに六年あまり、「今浦島」も当然で、昔と比べるとずい分と明るくなった細い裏道が妙に懐かしいのでした。

<写真をクリックすると大きくなります>
a0147975_027270.jpg

 札幌雪まつりで賑わうメーンストリートから一本横道にそれて、覗いたススキノの顔は、輝くネオンの明かりとそれと同じくらいの意味を持つ「陰」があって、郷愁に満ちた夜の顔でした。
a0147975_0335882.jpg

 名の知れたラーメン屋でもあるのでしょうか?確か時間は11時に近かったはずですが行列ができていました。
 初めてススキノに出入りするようになった頃、この辺に夜学の同級生の母親が経営する小料理屋があって、たまに学校帰りに寄らせてもらったりしました。
 場所柄と店構えから考えて、ものすごく不釣り合いな客でした。
a0147975_0421067.jpg

 これから何処によるつもりもありませんでしたが、懐かしさもあって、地下鉄駅に少し回り道をしてみました。
 この界隈は、飲み食いのゾーンから外れたホテル街で、昔も今も「夜のお姫様」たちが出没するゾーンですが、この時は急に降り出した大粒な雪がカーテン代わりになり、姫たちの顔もホテルの看板さえも隠してしまいました。
 

 
 
 
 
[PR]
by ebataonnzi | 2011-02-26 00:53